星野監督と落合監督の確執について記事を書きたいと思います。
正直確執がどうかあったかは内部の人間ではないので
分からないですが、落合氏が星野氏の指導方針に疑問を持っていたことは
間違いないと思います。

 

というのも、
落合氏が中日の新監督に就任した際、
選手たちに俺はこれまでの監督と違ってぶん殴るようなことは一切しないと公言していたこと。
これは暗に星野さんの指導方針について反対していることがよく分かります。

 

また中日の選手たちは星野監督時代
ベンチの顔色ばかり伺っており、落合氏は
闘う相手は味方ベンチじゃなくて敵だと常に思っていたそう。
ですので、落合監督時代はベンチにいる間
まったくの無表情を貫いていたそうです。

 

いわば星野監督は反面教師だった訳ですね。
また、落合氏は高校時代と大学時代それぞれ先輩の理不尽な
可愛がりについて疑問を持っており、
高校時代も大学時代も野球部を退部し、
野球に嫌気がさして、一時期プロボウラーを目指していたほど。

 

ですので、落合氏は星野氏の指導方針に関しては
まったく正反対の考えを持っていることがよく分かります。

 

まとめると、
星野氏と落合氏の間で確執があったのかは分からないが、
指導方針がまったく正反対なので、考えや意見は合わなかったと
考えられます。