阪神タイガースの次期監督候補について予想したいと思います。
おそらく金本監督は今年最下位にでもならない限り、
球団から契約を打ち切ることはなく来季も続投だと思います。

 

金本監督本人が辞めたいと自らが言った場合
監督交代の可能性はあるかなと。

 

最有力候補は前2軍監督である掛布雅之氏でしょう。
矢野2軍監督はやや関西ローカルになってしまうので、
球団としては全国的で知名度もあり、客を呼べる監督を先行する傾向にある為、
掛布氏が最有力候補と予想します。

 

優勝実績のある岡田彰布元監督の可能性もありますが、
オリックスで正直失敗していることもあり、
掛布氏の方が可能性は高いと思います。

 

掛布氏本人も解説を聞く限り、
今の阪神の指導方針に疑問を感じており、ベンチを見ながら野球していると。
要は監督やヘッドコーチの顔色を伺いながら委縮しながら
プレーしているようでは相手チームに勝てないと感じているようなので、

 

今の阪神とはまた違った掛布タイガースが見られるのではないか?
と期待しています。

 

掛布氏も現在63歳ともし監督をやるなら最後のチャンスになるので、
ファンとしては掛布1軍監督を見たいもの。

 

掛布氏本人も今の阪神の現状にもどかしさを感じており、
阪神の1軍監督をやりたいという気持ちが伝わって来るので、
次期監督に意欲満々だと思われます。