ダウンタウンの松本人志さんが本日のワイドナショーで吉本の大崎洋会長は兄貴のような人なんで、
大崎さんが責任を取って吉本を辞めるぐらいなら俺も吉本を辞めると発言していました。

 

実際、大崎さんはこれ以上闇営業問題が大きくなるようなら、
自分も責任を取らないと!と発言しているらしく、松本さんが直接全力で引き留めたとか。

 

一体松本さんと大崎さんはどんな間柄だったのでしょうか?

 

松本人志と吉本大崎洋会長との信頼関係

 

まずダウンタウンがデビューして間もないころ、同期のハイヒールはトミーズはすでに売れていたのに、
ダウンタウンは芽が出ずくすぶっていた時代がありました。

 

ハイヒールやトミーズは需要があるから大阪のうめだ花月やなんば花月の出番もあったのに、
ダウンタウンは京都花月の出番があるぐらいで阪急電車で往復700円かけて河原町で通っていたそう。

 

交通費はさすがに出るものの、後払いなのでそれがキツくオカンが作った弁当持参で
尼崎から京都まで通ったとか。

 

スポンサーリンク

そんな時に、いち早くダウンタウンの才能を見出したのが現在の吉本の会長である大崎洋氏。
一部で初代マネージャーとされていますが、当時のダウンタウンにはマネージャーすら
つかない身分であり大崎氏は正式なマネージャーではなく、

 

大崎氏の好意によりダウンタウンの実質的マネージャーの役割をしていたという話。
ダウンタウン歴代マネージャー一覧と現在の役職

 

大崎さんも東京から大阪のNSCに異動になったものの、すでに富井さんという人がいて仕事がない状況。

 

ダウンタウンが真っ白なスケジュールの中、定期的にダウンタウンを直接会社まで呼び、
ダウンタウンと2人3脚でコントや漫才の打ち合わせなどをしていたそう。

 

仕事だけでなく、プライベートでも松本さんと映画館に行ったり、サウナに行ったり、
プールに行ったりプライベートでも行動を共にしていたそう。

 

そんな時代が数年続いた後、大崎さんの会社への強い推薦もあり、ダウンタウンの笑いは一気に火が付きます。
大阪で注目されるようになり、4時ですよーだやMBSヤングタウンなど大阪を制覇。
デビューして8年で東京に進出するようになります。

 

もともと松本さんは大阪でそこそこ給料ももらえだして今の生活に不満もなく、
東京に誰一人知り合いもいなかったことから東京に行く気はなかったそう。

 

しかし、大崎さんに無理やり東京に進出させられ、家賃出したるから東京行け!と強制的に東京へ。

 

で、松本さんは東京の四谷にマンションを借りて大崎さんに家賃の件で相談したところ、
大崎さんは、悪い!家賃出したりたいのは山々やねんけど無理や!
当時の上司でやすきよのマネージャーだった木村さんに何ていうねんって言われたそう(笑)

 

それで松本さんは腰を抜かしそうになったらしいです。

 

このようにダウンタウンは大崎さんに1番最初に才能を見出され、大阪で大スターになり
東京にも強制的に進出。

 

そのおかげもあり、ダウンタウンは今もずっと30年間トップで売れ続けているということです。
という訳で松本さんと大崎会長の絆は誰よりも深いと言えると思います。