吉本興業の清水圭が18年前に受けた岡本社長からの恫喝についてブログで詳しく触れていました。

 

これがヤフーニュースにも載って話題になったことから、
今現在清水圭のサイトにアクセスが集中しているのか見れなくなっています。

 

清水圭さんのブログによると18年前の2001年に明日があるさという
日本テレビのドラマに出演した際、いきなり出演シーンの大部分(およそ半分)が
カットされていたということ。

スポンサーリンク

 

清水圭氏が憤慨し、当時のマネージャーに聞いたところ、
面識もないその上司である岡本昭彦氏がいきなり楽屋に現れて、

 

現場・スポンサーは清水圭はドラマに要らん!って言われてるんですよ。
ただでさえ、そんな状況なのに吉本がお願いをして清水圭を出させてあげてるんです。
文句があるなら会社辞めてもらえますか?

 

と言われ、所属タレントに向かってようそんなひどいこと言うなぁと思い、
結局ドラマには出たとのこと。

 

その時清水圭側の意見はまったく聞いてもらえず、
ひたすら岡本氏は会社の意見を話していただけとのこと。

 

清水圭氏は昨日の会見の一部始終を見たそうですが、
岡本氏の冗談という発言や和ませるために言ったという発言には
まったく信用できず、痛いところを突かれると、

 

それは私の情けないところです。不徳の致すところです。
という抽象的な返事に終始逃げているような気がして、
具体的な答えは何も返ってこなかったと言っていました。

 

清水圭さんは大阪で探偵!ナイトスクープの探偵になったぐらいから一気に大阪で売れて
上岡龍太郎さんにも気に入られて、東京でもしばらく売れていたのに、
最近ほとんど地上波のテレビに出演しないのはこういった背景もあるかもしれません。

 

清水圭さんは中学から同志社香里で同志社大学卒。
知的なタレントでもあって今のロザン宇治原さんのようにクイズの仕事も難なくこなせる
マルチタレントだったのに、そういう番組にも一切出ないのは不自然な気がします。

 

何とかもう1度清水圭さんに復活してほしいです。
昔大阪でやってた冠番組ピーターポン!とかめっちゃおもしろかったですしね。