読売新聞のグループ企業でもある大阪・よみうりテレビ。

 

よみうりテレビは大阪の民放各局(MBS、ABC、カンテレ、テレビ大阪)同様、
朝の情報番組から阪神タイガース一色で阪神を応援しています。

 

関東出身のよみうりテレビのアナウンサーも阪神を応援していますよね?

 

親会社が読売新聞なのにも関わらず、なぜよみうりテレビは巨人よりも阪神を応援するのでしょうか?

よみうりテレビが阪神を応援する理由はなぜ?

おそらく巨人ファンより阪神ファンが圧倒的に多い関西でジャイアンツを応援してしまうと、阪神ファンを敵に回すからだと思います。

 

そうなると、よみうりテレビを見なくなり視聴率の低下によって、スポンサーが付かなくなるからだと予想されます。

 

つまり、首都圏に次ぐ2000万人の人口を持つ関西圏で阪神ファンを敵に回すと視聴率は取れない、スポンサーはつかないと致命的になるのでよみうりテレビも阪神を応援するスタンスを取っているのでしょう。

 

とはいえ、昔はよみうりテレビも好きやねんジャイアンツという関西地区で唯一の巨人応援番組をやっていた時期もあるので、いろんなことを経て、現在は阪神タイガースを応援する形に変更したのかなと思います。

 

ちなみに関西では昔から神戸にあるラジオ関西が例年ジャイアンツナイターと称して、
関西では唯一ジャイアンツを応援するスタイルをとっています。

 

このように、大阪では昔から阪神ファンに次いで実は巨人ファンが多く、毎年行われる巨人主催の京セラドームでの2試合は満員になるぐらい隠れ巨人ファンが多い地域でもあります。

 

なので、よみうりテレビにもジャイアンツを応援する番組が今もあってもおかしくないのですが、以上のような理由から基本的には阪神タイガースを応援する形をとっているみたいです。

よみうりテレビが阪神を応援する理由まとめ

  1. 巨人ファンよりも阪神ファンが多い関西で、巨人を応援する形を取ると、阪神ファンの視聴者はよみうりテレビを見なくなり、視聴率は下がってスポンサーもつかなくなる危険性があるので、MBSやABC、カンテレ、テレビ大阪同様、阪神を応援するスタイルを取っている
  2. 昔は好きやねんジャイアンツという巨人応援番組をやっていた時期もあるので、いろんなことを経て、現在は阪神タイガースを応援する形を取っている

まとめると以上のようになりました。

 

よみうりテレビの阪神を応援するスタイルには私個人としては賛成であります。

 

巨人ファンよりも絶対数の多い阪神ファンを応援した方が関西の地ではいいでしょう。