テレビ PR

尾畠春夫石川県能登地震で現地入りしている?現在について!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スーパーボランティアとして有名な尾畠春夫さん。

自然災害が行った時には全国どこであっても大分県日出町から真っ先に現地入りして、何年も前から困っている人を助けており、2018年山口県周防大島町では行方不明の2歳の男児を助けて全国的に話題にもなりました。

そんな尾畠春夫さんですが、今回の石川県能登半島地震でも現地入りしてボランティアをしているのでしょうか?

尾畠春夫石川県能登地震で現地入りしている?現在について!

尾畠春夫さんは一部で現地入りしてボランティアしているという噂がありますが、ソースはありません。

もし尾畠春夫さんが本当に現地入りして、石川県能登半島で目撃されていたらマスコミも放っておかないはずなので、おそらく今回は大分県日出町で自宅待機している可能性が高いです。

尾畠さんも84歳と高齢になり、胃癌と白内障の手術をするなど体調も良くないという話があり、昨年夏に福岡県久留米市でボランティアをしていたのを最後に目撃情報もなく、今回の石川県能登半島の地震のボランティアには行っていないと思われます。

炊き出しを被災者と一緒になって食べている有名人の方もおられますが、スーパーボランティアの尾畠さんは100人分の炊き出しがあっても1人のボランティアが食べれば99人分に減るから絶対頂かないそうです。

今被災地に行っているボランティアの人も尾畠春夫さんの格言を1度確認して欲しいと思います。

尾畠春夫現在まとめ

  1. 一部で尾畠春夫さんが能登半島入りしてボランティアをしているという噂があるが、ソースはなく、テレビや新聞にも取り上げられていないので、その情報はデマだと思われる
  2. 尾畠春夫さんも84歳と高齢になり、胃癌や白内障の手術を行うなど体調面で不安があるので、今回は無理してボランティアに参加せず、自宅のある大分県日出町で療養されている可能性が高い
  3. 尾畠春夫さんが最後にボランティアをしたのは昨年夏の福岡県久留米市での土砂崩れ

以上、スーパーボランティアとして名高い尾畠春夫さんの現在について調べてみました。

error: Content is protected !!