スポーツ PR

日本シリーズ全日程ナイターの理由はなぜ?デーゲームは廃止?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

SMBC日本シリーズが2023年も始まりましたが、京セラドームも甲子園も全日程ナイターでの開催となっています。

平日は集客の面でナイターの方がいいのは分かりますが、レギュラーシーズンは真夏の暑い時期を除いて、近年土日はデーゲームになっているので、日本シリーズはなぜナイター?と思ったファンの人も多いことでしょう。

まして日本シリーズは10月後半から11月上旬の肌寒い時期に開催されますしね。

いったいなぜ日本シリーズは全試合ナイターなのでしょうか?

日本シリーズ全日程ナイターの理由はなぜ?デーゲームは廃止?

日本シリーズはかつてデーゲームで開催されていたこともありますが、1995年頃から全試合ナイターでの開催になりました。

理由は、デーゲームよりもナイターにした方がスポンサーが付きやすく、テレビ局も放送しやすいし、高視聴率も見込めるからです。

スポンサーとファンあってのプロ野球なので、ナイターにする方が球団側も放映権料が見込めるし、集客面においてもナイターの方が好都合だからです。

日曜日はデーゲームにした方がいいんじゃないの?という意見もあるようですが、日本シリーズはレギュラーシーズンと違って、注目度が高い分、日曜の夜でもお客さんが入るし、日曜日の夜は家でゆっくり過ごす人が多いのでテレビの視聴率も高くなりやすいんですね。

そういう意味で、日曜日もナイター開催となっています。

日本シリーズに限らず、プレミア12やWBCなども日本で開催される時にはデーゲームではなく基本的にナイターになっています。特に、準決勝・決勝となると絶対にナイターになっているのは、やはりスポンサーが付きやすいし、テレビ局も放映しやすいからでしょう。

日本シリーズ全日程ナイターの理由まとめ

  1. ナイターで開催した方がスポンサーが付きやすく、テレビ局も中継しやすいので、放映権料などナイターの方が収入が増える
  2. 日曜日はデーゲームにした方がいいという意見もあるが、レギュラーシーズンと違って日本シリーズは嫌でもお客さんが入るし、日曜の夜は家でゆっくり過ごす人が多い分視聴率も稼げる
  3. 日本シリーズに限らず、プレミア12やWBCもナイター開催となっている

以上、日本シリーズが全日程ナイターで開催される理由についてまとめました。

もし今後日本シリーズの視聴率が著しく低下するようなことがあれば、レギュラーシーズン同様、土日はデーゲーム開催になることも考えられますが、今のところそれはないようです。

SMBC日本シリーズ2023阪神対オリックス記事一覧