オリエンタルラジオの中田敦彦さんが移住先のシンガポールから9か月ぶりに日本に帰国。

 

今回は一時帰国で日本でいくつか収録を済ませた後、またシンガポールに帰るそうなのですが、どうも中田敦彦さんの動画での発言等をまとめると日本に帰りたそうな気がします。

 

離れてからこそ分かる日本の良さがすごくあるようです。

 

中田敦彦さんは将来日本に帰国する可能性は高いのでしょうか?

中田敦彦シンガポール移住は失敗?

中田敦彦さんが東京からシンガポール移住してまだ1年も満たず若干9か月ですが、日本とは結構違うようです。
まず、接客態度のレベルが日本とシンガポールで全然違うとのこと。

 

シンガポールはお客さんがいない時にスマホを見てたり、注文した商品がなかなか来なかったり割と適当な感じなそうで、働くのにはシンガポールの方が楽だけと思うけど、接客を受ける側としては、やっぱり日本の接客のサービスの細やかさとかが素晴らしいとのこと。

 

続いて、ご飯が日本の方が美味しいという点。

 

ファーストフード1つ取ってみても、日本とシンガポールで味が微妙に違っていて、ナゲットの味とかでも少し違うそうなんですけど、日本に帰国してファーストフードを食べてみるとやっぱり日本のファーストフードの方が味が美味いそうです。

 

シンガポールも中華料理やインド料理はかなり美味しいらしいんですが、日本人好みするような料理のバリエーションが少なく、お弁当とかもあまり良くないそうです。

 

それから、日本には冬があるのがやっぱりいいということ。

 

シンガポールは常夏の国なので、冬服が着れないのが寂しいようで、日本では冬服が着れて嬉しいし楽しいということでした。

 

お気に入りのコートを着て外出したところ、テンションも上がって楽しかったそうです!

中田敦彦近い将来日本に帰国する?

中田敦彦さんは2021年3月にシンガポールに移住しましたが、夏には「日本は人口が多くて、国土が広くて、経済も豊か。しかも四季がある。こんなすごい国は他にはない」と発言しています。

 

さらに半年経って今回日本に一時帰国した時に改めて「日本は接客のレベルが高く丁寧、ご飯がやっぱり美味しい、冬があって冬服を着れるのが嬉しい」と改めて日本の良さを確認。

 

このように、中田敦彦さんは日本がかなり恋しくなっており、あと1年から2年住んだら日本に帰国しそうな感じがします。

 

子供の就学のタイミングとかにもよるでしょうけど、また藤森さんとオリエンタルラジオとして日本で活動する日も近いのかもしれません。

中田敦彦シンガポール移住まとめ

  1. シンガポールに9か月住んで、日本の接客の丁寧さ、ご飯の美味しさ、冬服を着れることの嬉しさを改めて感じた
  2. 中田敦彦さんの発言を聴く限り、日本がどんどん恋しくなっており、1年後、2年後、近い将来日本に帰国して、オリエンタルラジオとして藤森さんとまた活動する日が見れそうな予感

中田敦彦さんのシンガポール移住と帰国の可能性についてまとめてみました。

より詳しい情報を知りたい場合、中田敦彦さんの以下の公式動画をご覧ください。